【感想】その陽射が私に・・・【ネタばれ】


あらすじ&登場人物

 22歳のヨヌ(キム・ソヨン)は、ソクチョの港の水産共同組合の仲介人として働いていた。一方で、ソウルのショッピングチャンネル会社の顧問弁護士・ドンソク(リュ・シウォン)も、会社に対して訴訟を起こした水産物企業を調査するため、ソクチョに来ていた。

 ドンソクは、なかなか上手くいかない交渉の末、海に飛び込んでしまう。それを見ていたヨヌは、自分が飛び込んでドンソクを助ける。

 そんなある日、ヨヌの父が海の事故に遭遇し、やっとのことで意識を取り戻したが、彼は、ヨヌに今まで姉として暮らしてきたヨンスク(ヤン・ミギョン)が実母だと告げ亡くなってしまう。やがて、ヨヌは、実父を捜そうとソウルに出る。

 ソウルにやってきたヨヌは、ソクチョで助けたドンソクの推薦で、テレビショッピングの司会者に抜擢される。やがて、ヨヌは番組で頭角を表していく。そして、ヨヌは知らず知らず、婚約者・ジュニ(ユ・ソン)のいるドンソクに惹かれていく。また、ドンソクも、番組で活躍するヨヌを見て惹かれていく。

 しかし、二人の間には多くの問題があった・・・

感想

見ていくうちにどんどんはまっていくドラマで、後半から涙なしでは見れないというような感じになりました。ヨヌさんがとてもかわいそうでかわいそうで・・・。けれど、最後は、ハッピーエンドで幸せな気持ちで見終えました。

Amazonで買う

楽天で買う