【感想】エ-ゲ海の恋【ネタばれ】


あらすじ&登場人物

ピアニストのシャオトン(チェリム)は、従姉とギリシャ旅行を計画していたが、何と従姉がドタキャンをしてしまい仕方なく一人でギリシャを旅することになった。旅行中、ひょんなことから青年・ヤオシャン(ピーター・ホー)と行動を共にすることになる。二人で宿を探していたが、けんかをしてはぐれてしまう。そんな時、シャオトンは、危うく交通事故にあいそうになった。その車を運転していたのが、上海の富豪の御曹司・アンジー(アレック・スー)だった。徐々に、シャオトンとアンジーは、お互い惹かれあっていくが、密かにヤオシャンもシャオトンに惹かれていっていた。

 シャオトンとアンジーは、上海に戻ってからも愛を深めていくが、そこには大きな障害が多くあった・・・

感想

10年にも及ぶ3人の三角関係を全40話でつづられたドラマです。ギリシャ・中国・カナダなどで撮影されました。

『エーゲ海の恋』は、内容は・・・だったけど、景色がきれいで、
印象に残っています。
華流ドラマは、あまり都会的な景色ばかりではないのも、見所です。
『ピンポン』に出演のピーター・ホーさんは、あまり甘い笑顔を見ることはないですが、
目が離せず、惹かれるものがあります。

Amazonで買う

ありません。

楽天で買う