【感想】ごめん、愛してる【ネタばれ】


あらすじ&登場人物

2004年韓国最大の話題作。韓国ではこのドラマのヒットとともに、主演俳優のファッションやセリフを真似する多くの「ミ・サ廃人」(原題:「ミアナダ、サランハンダ」の熱血マニア層)たちが登場。
本編で野良犬のように育った悲運の男を演じるソ・ジソプは、前作の『バリでの出来事』に次いでこの作品でもその卓越した演技力をふんだんに発揮し、確固たるトップスターの座を獲得した。
斬新なキャラクター、絶えず涙腺を刺激する切ない演技、そして、想像を超える展開と衝撃の結末、いままでのラブストーリーの公式を書き直した、涙なくして見られない傑作ドラマ!

2004年~2005年 16話
演出:イ・ヒョンミン
脚本: イ・ギョンヒ
キャスト:
ソ・ジソブ(チャ・ムヒョク)
イム・スジョン(ソン・ウンチェ)
ソ・ジヨン(カン・ミンジュ)
イ・へヨン(オ・ドゥリ)
イ・ヨンハ(ソン・デチョン)

感想

音楽がたいへんよくて「雪の華」をうまく使っています。
あと衣装がいいです。ムヒョクは天国で心穏やかに成仏できるか気になるドラマです。、このドラマは俳優、音楽、衣装、映像などたいへん優れていますが脚本がいまいちな印象でした。

Amazonで買う

楽天で買う