【感想】LOVE サラン【ネタばれ】


あらすじ&登場人物

前半(1話~8話)は、イナ(チャン・ドンゴン)と未亡人・ヨンジ(キム・ミスク)との恋物語が中心。年齢差から最初はイナを拒むヨンジ。それでもあきらめずまっすぐ自分の想いを伝え続けるイナをチャン・ドンゴンが熱演している。
後半(9話~16話)は、ヨンジと死別したイナの前に、会社の会長の娘・ジヨン(チェ・ジウ)が現れる。ヨンジを忘れられないイナはジヨンとの新しい恋に進むことが出来るのだろうか?

勝ち気な女性ジヨンが愛してしまったのは、最愛の人を亡くし恋の傷を抱えたカーデザイナーチャン・ドンゴン。チェ・ジウ主演の珠玉のラブストーリー

1998年
16話
演出:イ・ジンソク/イ・チャンハン
脚本:チュウ・チャノク他

キャスト:
チャン・ドンゴン(チョン・イナ)
キム・ミスク(ハン・ヨンジ)
チェ・ジウ(ユ・ジヨン)
ソン・ユナ(ソ・ヒス)
キム・ジス(ソジン)

感想

チャン・ドンゴン主演のドラマです。このドラマは前半、後半で構成されています。前半はイナが8才年上の女性ヨンジを一途に愛する物語。

後半はチェ・ジウの登場です。ジヨン(チェ・ジウ)は大会社の娘と言うことで、最初は勝ち気でわがままな、いかにも「お嬢様」風です。登場人物の描写や性格付けがはっきりしないドラマでつまらなかったです。

Amazonで買う

楽天で買う