【感想】チャングムの誓い (大長今)【ネタばれ】


あらすじ&登場人物

チャングムの仕事にかける姿、それを支えるミン・ジョンホがすばらしい。

16世紀初頭の朝鮮王朝時代を舞台に、実在の医女チャングム(長今)をモデルにして描かれた韓国の時代劇。韓国では最高視聴率57%を記録し、香港や台湾でも爆発的な人気を呼びました。母の遺志を継ぎ、宮廷料理人の頂点を目指すヒロイン、チャングム。宮廷内の権力争いに巻き込まれながらも、やがて医学を学び、最後には王の主治医という地位に登りつめるサクセスストーリー。

(NHK)2003年
54話
演出:イ・ビョンフン
脚本:キム・ヨンヒョン
キャスト:
イ・ヨンエ(チャングム)
チ・ジニ(ミン・ジョンホ)
ホン・リナ(クミョン)

感想

働く人にとっては、いじめ、派閥、働く上での知恵や信念、など参考になるドラマです。チャングムは元々、宮中の料理を司る部署の女官。王や皇后などに料理を作るところで。

チャングムの母親も権力争いのとばっちりを受けてその一族に消されたようなものです。

このドラマは働く女性にとって、「男尊女卑」の考えに共感するドラマです。

Amazonで買う

楽天で買う