【感想】涙が見えないように【ネタばれ】


あらすじ&登場人物

誠実でやさしい娘の母親との確執、胸に秘めた恋を描いている、文芸的なドラマ。

3人姉妹の末っ子として生まれたヨンウンは、弁護士を目指す秀才の長女や音楽学校に通う才能あふれた次女に比べ、地味で何のとりえもない。

しかも母イノクはヨンウンを産んだ際、長男を欲しがっていた夫に失望されたのが原因で離婚されたため、ヨンウンに愛情を注ごうとしない。だがヨンウンはそんな寂しさを表面にはださず、いつも笑顔をたやさない、優しく素直な性格で周囲から好かれていた。そんなある日、彼女は偶然スヒョンという男性に出会って彼に恋心を抱くが…。

1999年 韓国TVシリーズ 16話
演出:王晶/バリー・ウォン
脚本:王晶/バリー・ウォン、呉仁/ウー・レン
キャスト:
キム・ジホ(キム・ヨンウン役)
キム・テウ(チョ・スヒョン役)
ハン・ジェソク(ユ・ジョンス役)
キム・ジョンウン(カン・ヘギョン役)
コ・ドゥシム(パク・イノク役)
パク・グニョン(チョ・ドゥシク役)

感想

文芸ドラマです。出演者も演出も地味ですが、家族や男女の心理を丁寧に描いていきます。

キム・テウ(チョ・スヒョン役)は「神話」にも出ていましたが、誠実な役がうまいです。ハン・ジェソクは「ガラスの靴」でキム・ジホと共演していました。最後にヨンウンから去っていく場面はじんときました。

自分が愛した人の親が、自分の親と愛し合ってしまうという筋立ては、韓国ドラマでは比較的に多いようですね。

Amazonで買う

楽天で買う