【感想】イルマーレ【ネタばれ】


あらすじ&登場人物

海辺の家にある郵便受けを通して、2000年に生きる女性と、1998年に生きる男性が手紙でやりとりするSFチックなロマンス。

1999年12月。キム・ウンジュ(チョン・ジヒョン)は、慣れ親しんだ家’イ ルマーレ’(イタリア語で海)を離れ、都心のアパートに引っ越していく。郵便受けには、自分に来る手紙をアパートに転送してくれという手紙を置い て。

1997年12月。ハン・ソンヒョン(イ・ジョンジェ)は、叔母の夫が建ててくれた家’イルマーレ’に引っ越ししてくる。ところが、新築であるはずの’イ ルマーレ’の郵便受けに、未知らぬ女性ウンジュの手紙があるのを見つけ、首を傾げる。

それから二人は、手紙をやりとりするが、どちらも相手が嘘をつい ていると考える。ソンヒョンは、ウンジュから“1998年1月9日には、雪がたくさん降って、ひどい風邪が大流行しました。気をつけて”という手紙をもら う。その日、嘘のように綿雪が降る。手紙のあらゆる予言は現実になる。ウンジュも奇 跡のように自分の手紙が過去へ届くことを知り、2人は手紙のやりとりを始める。

父から捨てられたソンヒョンと、恋人から捨てられたウンジュは、お互いの傷 を慰めあい親近感を覚える。ソンヒョンがまずウンジュに愛を感じるが、過去の恋人の記憶から抜けられないウンジュは、ソンヒョンを受け入れない。

ある日二 人は、2000年3月にウンジュの故郷である済州島の海辺で会う約束をする。しかし、ソンヒョンは現れない。苛酷な試練が彼らを待っていたのだ。

キャスト

未来に生きる女性 ・・・ チョン・ジヒョン
過去に生きる男性 ・・・ イ・ジョンジェ

感想

ドラえもんの道具みたいなポストがいいです。波打ち際に建ててある家がいいです。

台風きたら終わりじゃないのって思いました。

Amazonで買う

楽天で買う