【感想】ハッピーエンド【ネタばれ】


あらすじ&登場人物

主夫の、キャリアウーマン妻への愛と嫉妬の物語 リストラのためキャリアウーマンの妻ボラの代わりに家事・育児をするミンギ。 そんな夫に愛想を尽かしていたボラは、大学時代の恋人イルボムと不倫を楽しんでいた。 その事実を知ったミンギは屈折した殺意を抱き・・・

キャスト ボラ ・・・ チョン・ドヨン ミンギ ・・・ チェ・ミンシク イルボム ・・・ チュ・ジンモ

感想

シュリの工作員役をしていたチェ・ミンシク氏がダメ亭主を演じています。 シュリのときはかなりやせていたのに、この映画ではぷっくぷく。 牛乳パックを丁寧に開く様は、まさにスーパー主夫! 一方のチョン・ドヨン氏は、惜しげもなく裸体を見せ、チュ・ジンモ氏とのからみもスゴイです。女優魂炸裂。

キャリアウーマンのドヨン氏は、家計を支えるだけでなく、不倫相手の仕事の世話までしちゃってるんですが、 不倫相手のジンモ氏はドヨン氏と結婚まで夢見ているというまさに男女の立場逆転の映画(笑)。 で、家事ばかりのおばさん化したミンシク氏もとうとう反撃開始かー!と思ったら、イキナリ妻殺し。

この展開はもお、なんつーかビックリしました。。 で、夫は赤ん坊ももしかすると不倫相手との子では?って思うのですが、 おば化したミンシク氏は母性本能が働いたのか、熱発した赤ん坊を連れてあわてて病院へむかう・・・

で、いきなり「ハッピーエンド」って字幕がでて終わり?ってかんじでした。 リストラ夫の有能で自由なな妻への嫉妬心と復讐心しか印象に残らなかったかなー(笑)。 てか、結婚前から不倫してたっぽいのに、なぜ妻はこの夫と結婚したんだろうか?謎です。。 多分、もう一度見たら何か感じが変わって見えるかもしれませんが。

そうそう、舞台挨拶で、チュ・ジンモ氏が来日されてました。この方、MUSAにも出演されてますね。 けっこう、かっこいい方でしたよ。何を話したのかはよく覚えていませんが。。

Amazonで買う

楽天で買う

ありません