【感想】八月のクリスマス【ネタばれ】


あらすじ&登場人物

自分の死期を悟り、淡々と残りの人生を過ごしている男ジョンウォンと、 その事実を全く知らない無邪気な若い女性タリムの切ない恋愛ストーリー。 キャスト ジョンウォン ・・・ ハン・ソッキュ タリム ・・・ シム・ウナ

感想

自分の死を冷静に受け止めるジョンウォンがとても悲しかった。。 ビデオの使い方が覚えられない父親に使い方を書いた手紙を残したり、自分の遺影となる写真を撮ったり・・・ なんだか淡々としているけれど、その淡々さがかえって死の重さを実感させるってかんじかです。

そして、ジョンウォンをまっすぐに慕うタリムの生き生きした姿が、ジョンウォンと対称的で泣けます。 結局、タリムはジョンウォンの死を知ったのかどうかわかりませんが、 急に姿を消した彼のお店に自分の写真が飾ってあるのを見て、ニッコリするシーンがよかったです。 静かで穏やか・・なんだけど、、でもやっぱ、いまひとつパンチが効いてなくて、退屈に感じました。

Amazonで買う

楽天で買う