【感想】殺人の追憶【ネタばれ】


あらすじ&登場人物

実際あった殺人事件をもとにしたサスペンス 韓国で実際に起きた迷宮入りの連続殺人事件を題材にした映画。 事件によって挫折を味わった刑事達と、当時の韓国社会の限界や矛盾を描く。 事件が発生した頃は、 デモやら反政府勢力やらの取り締まりでいっぱいいっぱいで、国民の治安は後回しだったらしい。

キャスト 田舎刑事パク ・・・ ソン・ガンホ 都会刑事ソ・テユン ・・・ キム・サンギョン 犯人? ・・・ パク・ヘイル

感想

おもしろかったです! 映画祭で見たのですが、ソン・ガンホ氏やパク・ヘイル氏など5人(多分)の方々が来日され、 とても豪華な舞台挨拶でした。 みなさん映画についてのまじめなことを一言話され、監督だけがその場を和ませるようなことを言ってくれて、 少し笑いも・・というかんじだったんですが、終わってみたら何を話していたのか全く覚えていなかった。。

なにせ前から三番目だったんで、かなーり浮き足立っていたケロママ。。あーアホだ。。 映画のほうは、実話ということでしたが、韓国でもこんな事件があったんだーとビックリ。 連続猟奇殺人という話だったので、カルのようにサスペンスチックに進むのだろうと思っていたのですが、 笑いもところどころにあり、重いテーマなのに楽しく飽きずに見れちゃいました。

田舎町の刑事とソウルのエリート刑事が犯人捜しに奔走して、あと一歩ってとこまで追い詰めるのですが、 最後のDNA鑑定では証拠不十分で迷宮入りという、刑事の挫折感の描き方もなかなか見ごたえありました。

ありがちなかっこいい刑事モノじゃなく、 等身大の刑事と当時の警察捜査の仕方をありのままに描いているかんじが良かったです。

Amazonで買う

楽天で買う

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

殺人の追憶(Blu−ray Disc)
価格:1489円(税込、送料別) (2019/5/17時点)

楽天で購入