芸能まとめ

テレビと映画に育てられた昭和世代が芸能を観て感じたことをまとめています。ドラマレビューや視聴率・ドラマ関連情報もいち早くお届け。たまにネタバレも?

忍びの国を見た感想

【監督】中村義洋
【キャスト】大野智石原さとみ鈴木亮平知念侑李マキタスポーツ平祐奈満島真之介でんでんきたろう立川談春
【上映時間】125分

簡単なストーリーとあらすじです。

舞台は戦国の世。
織田信長は諸国を次々と滅ぼし、天下統一に向けひた走っていた。
しかし、ただ一国だけ手出しすることを禁じた国があった。

信長が最も恐れたのは、伊賀・忍び軍団。
その中の忍びの一人、無門は、伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。
女房のお国に稼ぎのなさを詰め寄られる日々を過ごしていた。
伊賀攻略を織田信長の次男信雄は、狙っていた。

天正七年九月、信長の次男・織田信雄は、父の命に背き、伊賀に攻め込むことを決意。
かつての主君を裏切り、信雄の家臣になった日置大膳、無門に弟を殺され伊賀への復讐を誓う忍びの下山平兵衛。

対する伊賀十二評定の重鎮・百地三太夫と下山甲斐、そして忍びたち。
しかし、戦いが始まると、図らずして無門も巻き込まれていく。
さまざまな人間たちの思惑が入り乱れ、知略謀略が張り巡らされた末、織田軍と伊賀忍び軍団は、壮絶な合戦に突き進んでいく…。

といった感じです。

ではまずはオフィシャル予告動画をご覧くださいませ。

主要登場人物

無門(むもん)役
大野智(おおのさとし)
伊賀最強の忍びで、百地家の嫌われ者下忍です。

お国(おくに)役
石原さとみ(いしはらさとみ)
無門の妻で、安芸の武家から無門によって攫われてきた女性です。

下山平兵衛(しもやまへいべい)役
鈴木亮平(すずきりょうへい)
伊賀・下山家の嫡男で、ある事件で忍びにがっかりしています。

百地三太夫(ももぢさんだゆう)役
立川談春(たてかわだんしゅん)
百地家の当主で、伊賀の政治を決定する十二家評定衆の一人です。

下山次郎兵衛(しもやまじろべえ)役
満島真之介(みつしましんのすけ)
下山家の次男です。

下山甲斐(しもやまかい)役
でんでん
下山平兵衛・次郎兵衛、兄弟の父親で、伊賀を納める十三家評定衆の一人です。

音羽の半六(おとわのはんろく)役
きたろう
伊賀を納める十三家評定衆の一人です。

【伊勢 織田軍】

日置大膳(へきだいぜん)役
伊勢谷友介(いせやゆうすけ)
剛力で名を馳せ、北畠信雄に命を奪われた北畠具教の元家臣です。

長野左京亮(ながのさきょうのすけ)役
マキタスポーツ
日置大膳の盟友。
織田信雄の家臣でかつで北畠具教に仕えていました。背丈は五尺ほどでありながらも、四尺余りの大太刀を扱うことが出来るのが特徴です。

織田信雄(おだのぶかつ)役
知念侑李(ちねんゆうり)(Hey! Say! JUMP)
織田信長の次男で、北畠家に養子に入ります。そして義父の北畠具教の命を奪い、伊勢を手中にすることに成功します。

【伊勢 北畠家】

北畠具教(きたはたとものり)役
國村隼(くにむらじゅん)
伊勢を納める北畠家当主です。

北畠凛(きたはたりん)役
平祐奈(たいらゆうな)
北畠具教の娘です。

映画の感想(※ネタバレあります)

主演の嵐のリーダー大野智さんにとって時代劇初挑戦になる作品です。
伊賀一の腕を誇る忍び・無門を演じ、アクションにも挑戦しています。
初の忍者姿でのアクションがよかったです。

この作品は時代劇アクションですが、恋愛物語でもあるので恋愛映画が好きな方にもきっと楽しめると思います。

大野くんの醸し出す主人公・無門の、のらりくらりとした雰囲気を、鈴木亮平&伊勢谷友介演じる伊賀忍者・織田方武将の二人がピリッと引き締めていて、そのバランスが最高でした。

キャストがはまり役だったと思います。

結構コミカルに描かれたり殺陣のシーンも忍びらしい発想力になってるのでとても面白しろかったです。

知念侑李さんと伊勢谷友介さんの体格の差がその二人の溝を深めてるように見えて、信勝の小さいながらに大きく見せようとする必死なことがすごく伝わってとてもよかったです。

映画を楽しむためのアイテムはこれ

   

 - ドラマ・邦画 , ,